ぱぷりか|山形県

パプリカ

肉厚で甘味があり、ジューシーな色合いはやみつきに!

概要

日本の夏秋産地において有数の生産者数を誇る山形県。その北部に位置する遊佐町では、今から約10年前。あるきっかけでパプリカ栽培が始まった。遊佐町の混声合唱団に所属していた農家が、姉妹都市ハンガリーのソルノク市へ音楽交流で訪れた際、ハンガリー料理に必ず出てくるパプリカの味に感動し、「ぜひ、遊佐町でも栽培したい!」との想いから、自らの畑で栽培をはじめたのだそうだ。おりしも日本国内で洋野菜の需要も高まっており、平成15年から本格的な栽培が始まった。

当時は輸入品中心で、全国的に夏秋栽培の技術がなく、右も左もわからない中での取り組みであったが、安心安全なパプリカ栽培に少しずつ取り組み、最近では酒田市や三川町でもパプリカが栽培されるまでになった。
レモンに比べてもビタミンCやEなどが豊富で、健康や美容に良いといわれるパプリカの栄養価、色などに注目した商品が、庄内で数多く開発されており、今後に期待が募る。
加工しても風味が損なわれず、パプリカ本来の味を楽しむことができる商品が今日も開発されている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山形県庄内酒田
6月 7月 8月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP