ほうやかぶ|山形県

宝谷かぶ

「蕪主総会(かぶぬしそうかい)」による復活の味

概要

青首の白くほそ長い大根のような形をしている、鶴岡市宝谷地区で古くから栽培されてきた在来野菜“宝谷かぶ”。
かつて林業が盛んだったことから炭焼き用に伐採した跡地を利用して、温海かぶや藤沢かぶと同じように、冬の保存食用に焼畑で栽培されていたが、採算などの点で栽培者が減っていった。最後には畑山さんという個人が採種用にと栽培しているだけで、出荷はしてないという貴重なかぶとなってしまった。そこで有志による「宝谷かぶ蕪主総会」が立ち上げられ、宝谷かぶの食べ方や美味しさを伝え続けた結果、現在では地元を中心に広く親しまれる味となった。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山形県庄内鶴岡
1月 2月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP