わたりがに|愛媛県

ワタリガニ

愛媛県東部ではポピュラーな食用ガニ

概要

愛媛県東部でカニといえば“ワタリガニ”のことを指す。足の先がヒレになっており、すばやく海中を泳ぐことからその名が付いたようだ。棲み家は瀬戸内海中央部の燧灘(ひうちなだ)。波が穏やかな内湾の水深30メートルの砂泥底に生息している。ここには好物であるタコが数多く生息していることから、ワタリガニの一大漁場となっている。食用とされるのは主にメスで、秋から冬にかけて生殖腺が発達した時期の内子(卵巣)が非常に美味である。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 愛媛県松山・道後温泉今治新居浜・西条・石鎚山宇和島・大洲
別名 ガザミ
1月 2月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP