いきなくるまえび|愛媛県

いきな車えび

生名島で養殖されている名物車エビ

概要

車エビの養殖が盛んな愛媛県上島町の島、生名島(いきなじま)。ここで育てられた車エビは“いきな車えび”と呼ばれる。かつて生名島は、周囲に数多くの塩田があったことから製塩が賑わっていたが、製塩法が大幅に変更されたのに伴い、全ての塩田はその役目を終えることになってしまった。その跡地を何かに利用できないかと始められたのが、車エビの養殖である。天然もずくをブレンドしたエサで育てた車エビは、はちきれそうなプリっとした食感がたまらない。島では、いきたまま食べる踊り食いや塩ゆで、フライ、寄せ鍋、塩焼きなど様々な調理で食べられている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 愛媛県今治
1月 2月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP