まめしとぎ|青森県

豆シトギ

米粉を練ったものに、あんこではなく豆を加えて作る南部のおやつ

概要

神様にお供えする物で、米をつぶし、粉にして作ったもちの一種。
かつては日本全国で作られ、食されてきたが現在では青森を中心とする北東北と九州地方のごく一部で生き続けている食文化である。

同じ青森県内でも、場所によってこの「しとぎ」は形態が異なっている。米どころの津軽地方で「しとぎ」といえば米粉でできた餅のことで、あんこをくるんでいる。
しかし、南部地方で”しとぎ”といえば、普通はこの「豆しとぎ」を指す。米粉を練ったものに、あんこではなく豆を加えて作る「豆しとぎ」は、しばしば冷害に見舞われ、米が津軽地方以上に貴重であった南部地方ならではの伝統的なおやつと言える。

水に浸しておいた大豆を硬めに茹で、すり鉢ですりつぶし、米粉を加えてよくこね合わせればできあがり。青大豆の煮汁は甘味が強いので、それを加えるだけで甘味が出てくる。
そのまま食べるのも美味しいが、軽く焼くことで香ばしさが増す。

基本情報

ジャンル お土産
地域 青森県下北半島・大間・恐山青森市周辺津軽八戸弘前十和田・奥入瀬白神山地
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP