くりのきは|山形県

クリノキハ(カレイ)

鶴岡では、クチボソに次いで珍重されている焼きガレイ

概要

鶴岡では年間を通じて高値で取引されているカレイのひとつで、11月の前後に旬を迎える。
体長30センチを超え、細長く口が小さいのが特徴である。大きいもので卵を抱いているものは、超高級魚とされている。
小さいものはスーパーなどにも出回っているが、30センチを超える大きなものは特に高級で珍重されるため、地元の人でもあまり口にする機会が無いと言う。
写真は裏向きだが、市場などでは卵巣の大きさで価格が変わることから、卵巣大きく見せるために裏向きに置く。
軽く干して焼いて食べるのが一番美味しいとされている。
旬の時期を外すと水っぽく脂が抜けていて美味しくないので、11月前後の大きなものを食べるのがオススメだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山形県庄内鶴岡酒田新庄山形市・蔵王・天童米沢
別名 ヤナギムシガレイ クリノキノハガレイ
10月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP