ふきうらさんいわがき|山形県

吹浦産岩ガキ

地元住民にとっては当たり前だった「夏に食べるカキ」

概要

世界でも類を見ないほど降水量が多いとされる鳥海山。そのふもとの遊佐町吹浦では、鳥海山の冷たい伏流水が海底から涌きあがることで、いい岩牡蠣がたくさん育つと言われている。海へと流れ着く鳥海山の湧水は、『海底湧水』となり良質な岩ガキを育てる。
真水の湧く海底で育つ岩ガキは冬に旬を迎える牡蠣とは別の種類のため、その魅力はこの土地で味わうのが一番とされている。地元の方は、遊佐の道の駅などで新鮮なその身を食す。
日本海沿岸の岩礁で育つ天然岩ガキは、春から夏にかけてが旬。マガキとは逆に、産卵を控えて旨みをたっぷり蓄えている季節で、身も太って甘みも増すと好条件が揃うのでおすすめだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山形県庄内酒田
別名 岩ガキ
7月 8月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP