よいちのりんご|北海道

余市のりんご

りんご発祥の地!歴史ある北海道のりんご

概要

北海道の余市は、日本で初めてりんごの民間栽培が成功し、りんごの歴史がはじまった地として知られている。現在は、りんごというと青森県や長野県を思い起こす人が多いと思うが、大正時代には、日本を代表する産地といえば、余市もそのひとつであった。
余市は比較的雪が少なく、気候風土に恵まれているため、現在でも道内一のりんごの収穫量を誇る「果物の町」である。収穫間際の秋には、昼夜の温度差が大きくなるため、実のしまった糖度の高いりんごが育つという。
地域内のりんご園では、一般向けにりんごの木のオーナー制度も取り入れており、自分のりんごが育つ過程やりんご狩りなども楽しめる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道小樽・余市・ニセコ
1月 2月 3月 9月 10月 11月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP