やはたいも|新潟県

八幡芋

概要

佐渡の八幡地区で栽培される佐渡の伝統野菜“八幡芋”。江戸時代には代官所に納められ、島外門外不出とも言われていた希少な品種です。サトイモの一種で、山梨県八幡地区の八幡芋とは形も味も異なります。
佐渡の八幡芋は特定の場所でしか育たず、収穫量も少ないため、島内中心の流通となっています。しかし、島内ではごく親しまれている食材で、八幡地区の小学校では毎年いもほりも行われています。
通常のサトイモは粘土質の土で育てられますが、佐渡の八幡芋は水はけのよい砂地で栽培されます。
手の平にのるサイズで、一般的なサトイモよりも少し細長いのが特徴です。粘りがとても強く、煮物や鍋、汁物、炊き込みごはんなどで親しまれている島の冬の味覚。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 新潟県佐渡
1月 2月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP