とおやまじんぎす|長野県

遠山ジンギス

綿羊文化からうまれたジンギスカン文化

概要

山に囲まれた地域特性から、かつて遠山郷は綿羊飼育が盛んで最盛期には村で150頭もの綿羊が飼育されていたそうです。それゆえ、長野県は、北海道に次ぐジンギスカン大国といわれています。さらに、南信州(飯田・下伊那地域)は、 人口1万人あたりの焼肉店の数が日本一多い土地だとも言われています。
また、山に囲まれた地域特性から、マトンや牛、豚、鶏だけではなく、馬、イノシシ、鹿、熊など、様々な食肉文化がある地域です。それら多様な肉を遠山独自の味噌ダレで食べる焼肉を“遠山ジンギス”と総称しています。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長野県阿智村・飯田
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP