ほっかいどうのまだら|北海道

北海道の真鱈

このふとっぱら!

概要

真鱈は字の如く、雪の降る頃に旨くなる。雄の白子は『たち』としてポン酢と紅葉おろしが合う。牝が持つ卵はスケソウダラのタラコと比べるとはるかに大きく、糸コンニャクと生姜で炊くのが北海道流。身は勿論『鍋』の主役。内臓や骨なども三平汁で使う。斑模様の斑とはこの魚体の模様が由来という説もある。
普通鱈は息絶えると自分の体を溶かす作用を持つ為身が白濁するが、活〆にすると透通った身を楽しめる。勿論、たちは真っ白なものになる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道稚内・利尻・留萌富良野・美瑛知床北見・紋別札幌十勝(帯広)・日高登別・洞爺湖・苫小牧函館小樽・ニセコ・余市旭川釧路・網走・根室
1月 2月 11月 12月
住所 北海道北海道_全域
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP