けいらんまんじゅう|愛媛県

鶏卵饅頭

概要

上品な一口サイズ(直径約2cm)の鶏卵饅頭は、今から約四百年前、今治城の城下町で評判だった饅頭であり、藤堂高虎公の御愛顧を受け、城中の茶菓子として御用命を受けるようになった大手万重が始まりであったとされる。
約200年前に、水を使わない卵練りの饅頭として改良され、現在の味に至っている。この鶏卵饅頭を平たく蒸し、表面を巴形で焼いた「焼鶏卵饅頭」もあり、数多い今治銘菓の中で最も歴史のある一品で地元の方々を始めお土産品として親しまれている。

※画像はイメージです。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 愛媛県今治
通年
住所 愛媛県今治市
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP