おはたきにくまき|静岡県

ふくろい遠州 おはたき肉まき

袋井市浅羽 わが町のソウルフード

概要

「おはたき」は袋井市周辺(遠州地域の大井川から天竜川までの地域)で江戸時代から食べられている「うるち米」のお餅です。
くず米や脱穀(だっこく)などで落ちたお米を粉にしてからお餅にして、お雑煮や焼き餅にして食べられています。
☆「おはたき」の名前の由来は、いくつかありますが、粉にすることを「はたく」と言われ、ここから「おはたきもち」と呼ばれるようになったという説が有力です。
☆昔はくず米を使うため色も黒っぽかったのですが、今では選別されたうるち米を作っていますので色もきれいでなめらかな食感になっています。
☆「おはたき」の特徴は、「伸びない」「冷めても固くならない」「煮込んでもとけない」「歯切れがよくのどに詰まることがない」ことでお年寄りにも喜ばれています。
「おはたき肉まき」は、袋井市浅羽地域の飲食店の有志で結成した「おはたき研究会」のメンバーの飲食店がわが町の“ご当地グルメ”「おはたき」を次の世代の子どもたちにも繋(つな)げるため、おいしいおはたき料理を開発したうえで生まれました。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 静岡県掛川・御前崎・寸又峡
別名 おはたきもち
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP