おおばん|愛媛県

大番

不動の人気を確立した宇和島銘菓

概要

柚子が香る餡をカステラ生地で挟んだ愛媛宇和島の代表的おみやげ。
 昭和32年、作家の獅子文六(ししぶんろく)の実体験を題材にした小説「大番」が映画化となり、宇和島市内で撮影されたことをきっかけに、松山の“タルト”のように宇和島にも代名詞となるべく名物をと、当時の宇和島市長が発起人となり発案された。その菓子の名にも小説と映画のタイトルと同じ名がつけられ、「大番」は一躍、宇和島の代名詞的存在となった。
 カステラ生地の周りについている白いゴマのようなものは山芋のそぼろで、ふわふわの生地にシャリシャリとした食感が良いアクセントとなっている。そこにやや固めのねっとりとした羊羹のような存在感のある餡がよくからみ合う。
現在は市内7軒の菓子店で製造している宇和島銘菓。食べ比べしてみてはいかがだろうか。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 愛媛県宇和島・大洲
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP