かがちゃ|石川県

加賀茶

庶民の味として広まった加賀茶

概要

“加賀茶”といえば、お茶の葉ではなく、茎の部分をほうじて作られる“加賀棒茶”が有名だ。明治時代にまだまだ高価だったお茶を、庶民にも広めようと、安価だった茎の部分を使って作られたのが発祥だといわれ、それ以来、北陸地方の名物茶として根付いてきた。葉のみで作られたお茶に対して、棒茶は芳しい香りが特徴。お茶の葉に茎を混ぜ合わせて香りをつけているものも売られている。

基本情報

ジャンル お土産
地域 石川県金沢能登半島輪島・珠洲和倉温泉・七尾加賀・白山
別名 加賀棒茶
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP