ごせんさといもめん|新潟県

五泉さといも麺

独特の食感があとを引く、里芋を練りこんだご当地麺

概要

五泉市はかねてより里芋生産の盛んな土地で、ここ数年は品種改良によりぬめりを抑えた白い肉質の“帛乙女きぬおとめ”が有名です。五泉市内の食堂で組織した「五泉食堂組合」では、これを五泉の名物にしようと、里芋を練りこんだ麺を全国に先駆けて開発しました。
初めはペーストにした里芋と小麦粉を合わせて麺にしていましたが、安定した品質と供給を考え、里芋を粉末にして麺に練りこんだ「さといも麺」を2010年12月に開発発表しました。試験販売した1000食が10日ばかりで売り切れ、「もちもちとした食感」と「ぬめり」が麺に加わり、他にはない食感が楽しめる麺と好評でした。2011年3月には通年販売を決定。現在も多くの方に親しまれております。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 新潟県新潟市周辺
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび編集部さん
備考 -
PAGE TOP