あすかのめぐみかきのはすしさばさけ|奈良県

飛鳥の恵み 柿の葉すし

まろやかな風味の酢めしと、脂のり際立つ鯖・鮭とのベストコンビ

概要

各家庭で手作りされ、お祭りのごちそうとしても食べられてきた飛鳥の伝統食・柿の葉すし。静岡・焼津産の鯖と北海道産の鮭を、赤穂産の塩と北海道産の昆布で締め、契約農家から仕入れた明日香村産ヒノヒカリのすし飯の上に。柿の葉で包んで芳香を移しました。とっておきの食材だからこそ、気候や気温に応じて締め方や配合も調整し、一年中ベストな味わいをキープ。
【ミックス(鯖・鮭)8個入 / 鯖 10個入 / 鯖 5個入】

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 奈良県明日香・橿原
別名 飛鳥の恵み 柿の葉すし(鯖・鮭)
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP