しりべしことりあーど|北海道

しりべしコトリアード

小樽のうまいをまとめて味わえるご当地スープ

概要

古くから洋食文化の根付いている小樽市でうまれた、新たなご当地グルメが“しりべしコトリアード”。「しりべし」とは、小樽・ニセコ・余市などを含んだエリアを行政区分エリアの呼称で「後志」と書いて「しりべし」と読みます。コトリアードとは、フランスのブルターニュ地方に昔から伝わる魚介スープで、ミルクやクリームを使った白いスープが特徴だ。これらの説明からも読み取れるかもしれないが、しりべしコトリアードとは、小樽周辺の新鮮な魚介類を使って作る白い魚介スープだ。
2013年1月より小樽市内のホテルや飲食店など、8店舗で提供がスタートしたが、これからどんどん増やしていきたいという。小樽市を訪れた際は、ぜひ食べて応援して欲しい。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 北海道小樽・ニセコ・余市
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP