おくのとじさいだーしおさいだー|石川県

奥能登地サイダー しおサイダー

伝統の職人技で仕上げた塩が味の決め手!

概要

奥能登の仁江海岸で400年以上前から行われている塩作り。一子相伝で受け継がれてきた「揚げ浜式製塩」という伝統技法を用いており、海水を浜に霧状に撒く姿は、現在ではこの海岸だけに残る貴重な風景となっているそうだ。
その伝統技術で精製された海水塩を使って作られたのが“奥能登地サイダー しおサイダー”だ。うっすらとした塩味がサイダーの味を引き締め、味をまろやかに仕立てている。ハイボールを作るのに、炭酸水の代わりに使っても、ウイスキーの味を引き立てるという。石川を訪れた際は、ぜひお試しあれ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 石川県能登半島輪島・珠洲
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび編集部さん
備考 -
PAGE TOP