ごこく|奈良県

GO・KO・KU 五穀

医食同源の五穀をポン菓子にして甘く香ばしく仕上げました

概要

奈良時代の歴史書「日本書紀」。その中で五穀とされているのが、白米と古代米、稗、粟、麦(小麦粉)の組み合わせ。各種ビタミンやミネラル類が豊富で、「神様のくれた五色飯」ともいわれ、長寿のための食物として感謝されていたそうです。そんな五穀をブレンドしてポン菓子に。そこに、米の風味にマッチする味噌で芳醇な香りと深いうまみを、ハチミツで甘やかな風味を、バターで深いコクをプラスして焼き上げた、新感覚の焼き菓子です。

基本情報

ジャンル お土産
地域 奈良県明日香・橿原
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP