さどさんばんちゃ|新潟県

佐渡産番茶

佐渡に流された京の人々が、都の風流を懐かしんだのがはじまり

概要

佐渡のお茶作りのルーツは、室町時代の流人によるものと考えられています。佐渡に流された京の人々が、お茶の木を植えて都の風流を懐かしんだのかもしれません。現在栽培されているのは、昔からの「在来種」と、新たに購入される苗「やぶきた」の2系統。現在、旧吉井地区を中心に生産者農家で構成する「JA佐渡お茶部会」によって、2ヘクタールの茶畑から品質の高い茶葉が供給されています。新梢を梅雨後に刈取り、工場で丁寧に加工される佐渡番茶は、まろやかで上品な味わい。加工過程の副産物の「粉茶」は、煮出し時間が短く、また通常品よりも廉価であることから、消費量の多いお茶粥の習慣を持つ佐渡島内の地域で販売されています。

基本情報

ジャンル お土産
地域 新潟県佐渡
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP