しょうないささまき|山形県

庄内笹巻き

端午の節句に欠かせない伝統食

概要

端午の節句に食べられる伝統食。古くは各家庭で作られていましたが、もち米を詰め笹を巻き、3時間ほど煮るなど、大変な手間と時間がかかるため、近年では手作りしない家が増えてきているようです。
食べるときには笹を取り外し、きなこをたっぷりとつけて、甘みともちもち食感を楽しみます。一部、納豆をつける地域や灰汁で煮た黄色いゼリー状の笹巻きもあり、黒蜜で食すところもあるとか。
遊佐町では、未来にこの食文化を伝えるため、遊佐町笹巻き研究会を発足し、若い世代へと引き継ぐ活動を行っています。
県内全域で食べる習慣が根付いていますが、地域によって巻き方が違います。大きく分けて5つのあり、全域に見られる『三角巻き』と『こぶし巻き(げんこつ巻き)』。庄内地方では円すい形の『竹の子巻き』が主流。村山地区では『なた巻き』と呼ばれる四角い小包状となり、キャンディ状に包んだ置賜地区『つの巻き』とともに、くるみが入っているのが特長です。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山形県庄内鶴岡酒田新庄山形市・蔵王・天童米沢
5月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP