いといがわあらなみあんこう|新潟県

糸魚川荒波あんこう

概要

 「東のアンコウ、西のフグ」と云われるように、冬の代表的な味覚であるアンコウ。今では、すっかり高級魚の感のあるアンコウであるが、越後・日本海・奴奈川姫の里の人々にとってはいたって馴染みの深い大衆魚で、古くから冬の郷土料理として、家庭の食卓に並んでいたものである。
 そもそも、新潟県糸魚川市は東西日本文化の混在地域であり、さまざまな食文化が生活を彩る。北アルプスの2,000m級の山々が一気に深い海溝へとなだれ込む急峻な地形の海で、冬の日本海の荒波に揉まれながら、あんこうはたくましく育つ。糸魚川は、絶好の漁場であることから、とれたてのアンコウが手に入りやすく、糸魚川のアンコウは美味しいと言われている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 新潟県上越・妙高
1月 2月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP