かたうられもんさいだー|神奈川県

片浦レモンサイダー

小田原柑橘倶楽部が生産する地元にやさしいサイダー

概要

「小田原柑橘倶楽部」が製造・販売する地域振興サイダーで、小田原市片浦地区で収穫された“片浦レモン”のさっぱりとした風味が爽快なサイダーである。
素材に使われている片浦レモンは、1977年の貿易自由化によって海外産レモンの輸入が解禁されたことがきっかけになり、それらの栽培時に使われている農薬の健康被害の懸念した神奈川県内の消費者から「安心して食べられる国産レモンを作って欲しい」との要望を受けて栽培がはじまり、片浦地区の農家によって設立された「レモン研究会」が定めた厳しい減農薬基準に準じながら、30年に渡って栽培が続けられている。
サイダーに使用する片浦レモンはすべて手作業で絞られており、そのまま飲むのはもちろんのこと、様々なお酒を割るのに使ってもおすすめ。レモンの風味がお酒の味を引き立てる。
片浦レモンサイダーの他にも、小田原市の名産品であるみかんや梅を使った“小田原みかんサイダー”や“小田原梅サイダー”も販売している。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 神奈川県小田原
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP