しもなかたまねぎ|神奈川県

下中たまねぎ

甘くて生で食べるのがおススメのご当地たまねぎ

概要

神奈川県小田原市東部の下中地区は、たまねぎ栽培に適した粘土質の土壌に、地元畜産農家の堆肥を使って有機質に富んだ畑にすることで、甘くて大きな“下中たまねぎ”を栽培している。
下中たまねぎは5月中旬ころから収穫され、各地へ出荷させるが、季節によって違った味が楽しめる。早生の時期はやわらかく強い甘みを持つため、サラダなど生で食べるのに適している。6月以降の中生から晩生になると、焼いて引き立つ熟成した甘みが楽しめるため、夏のバーベキューで人気の食材となる。
下中たまねぎは、現在下中地区の100件ほどの農家で栽培されており、生産量は年間600トン前後と少ないが、小田原市でオーナー制度など、認知や流通量を増やすための活動を行っている。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 神奈川県小田原
5月 6月 7月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP