そがのうめさいだー|神奈川県

曽我乃梅サイダー

小田原柑橘倶楽部が生産する地元にやさしいご当地サイダー

概要

「小田原柑橘倶楽部」が製造・販売する地域振興サイダーで、小田原市にある「曽我梅林」で栽培されている“十郎梅”を使った梅の風味が爽やかなサイダー。
小田原市で梅の栽培がはじまったのは500年前からともいわれており、当時小田原城の城主であった北条氏の祖である北条早雲(伊勢盛時)が梅の栽培を推奨したことで大いに発展したといわれている。
「曽我梅林」に自生していた梅の挿し木から育った“十郎梅”は、肉質がなめらかで実が大きく、種が小さい梅干し用品種の最秀品ともいわれ、その梅で作ったサイダーは、みずみずしい香りと、爽やかな飲み口が特徴だ。
小田原柑橘倶楽部では小田原梅サイダーの他、小田原市の特産品を使った“片浦レモンサイダー”や“小田原みかんサイダー”も販売している。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 神奈川県小田原
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP