たいらがね|長崎県

たいらガネ

身から味噌までおいしい島原半島のワタリガニ

概要

“たいらガネ”とは“ガザミ”と呼ばれるワタリガニのこと。ワタリガニは、有明海周辺を季節によって場所を変えながら広く回遊しています。島原半島に住んでいた人たちは、夏から秋にかけて多比良港(たいらこう)沖で捕獲される時期が一番おいしいとしてたいらガネと呼ぶようになり、この名前で親しまれています。一年中おいしく食べられ観光客にも大人気です。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 長崎県雲仙・島原
別名 ガザミ、ワタリガニ、多比良ガネ
7月 8月 9月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP