くろみびわ|高知県

黒耳びわ

甘~い!驚く程の急斜面で実った絶品のびわ“黒耳びわ”

概要

すっごく甘くて果実味の強いおいしい~“びわ(枇杷)”です。
亜熱帯気候に属する高知県室戸市のさんさんと降り注ぐ強い太陽を浴びて、甘みがとても強いびわ(枇杷)が育ちます。
しかも、びわは遅霜(晩春・初夏のころの季節はずれの霜)などの寒害に弱いのですが、びわの木がずらっと並ぶ「黒耳(くろみ)地区」は、南向きの山の急斜面で日当りが良く、急斜面で水はけの良い海成段丘(大地の隆起と波の侵食によってつくられた地形)という絶好の生育条件の中で、海からの暖かな潮風を受けて育ち、収穫時期も早く、とても甘みがあります。
びわはキズがつくとすぐ黒くなるデリケートな果物のため、実の一房一房に丁寧に紙袋を被せて、風に吹かれて傷がつかないよう慎重に丁寧に育てています。冬から春にかけて、その「びわ」に被せられた白い紙袋が、まるで花が咲いたように国道沿いの山の斜面を埋め尽くします。
一口食べれば、口の中で広がる甘みが最高です!

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 高知県安芸・室戸・馬路村
5月 6月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP