きらぼうすいか|高知県

キラ坊スイカ

糖度13の甘い誘惑!ラグビーボールのような“キラ坊スイカ”

概要

スイカって、こんなに甘いの?と言うほど甘い“キラ坊スイカ”。
キラ坊スイカは“マダーボール”と言う品種のスイカで、皮が2ミリ前後と薄いのと糖度が高いのが特徴です。通常のマダーボールの2倍の大きさで、糖度も13以上(通常糖度9)あり、ラグビーボールのような独特の楕円形をしています。吉良川(きらがわ)町で栽培している、ウリ坊のような小玉スイカで「キラ坊スイカ」という名前になったようです。
吉良川の台地は、温暖な気候と多様な生態系によって育まれています。温度管理や水遣りなどに充分に気を配りながら、熟れ具合を確認しながら1個ずつ丁寧に収穫しています。
果肉はきれいな濃紅桃色でスイカ単体で食べても甘くシャリシャリした食感でおいしいですが、塩を少し使うとさらに甘さが引き立ってとってもおいしいです。
口コミから始まり、そのおいしさが話題になり、予約しないと手に入らない程の人気があるスイカです。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 高知県安芸・室戸・馬路村
6月 7月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP