はつまご|山形県

初孫

昔ながらの原酒

概要

初孫は、水と緑に恵まれた東北の厳しい環境のもとで、地方港町の風土が息づく「酒の酒田」ならではの豊かな味わいを継承し、発展させてきました。
初孫の蔵では、創業以来一貫して時間と手間のかかる昔ながらの伝統手法「生もと造り」による酒造りを永々と行っています。

伝統の「生もとづくり」とは、清酒酵母以外の生き物の繁殖を抑えるにあたり、空気中の乳酸菌を活用するやり方。長年培われた技術と経験が必要であり、現在生もとで仕込む蔵は全国的にも数少ない酒蔵です。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山形県庄内鶴岡
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP