しまずし|東京都

島寿司

カラシと甘めの酢飯が魚のヅケとベストマッチ!

概要

八丈島などの島に伝わる寿司。近海で獲れたトビウオやメダイなどの切り身を醤油ベースのタレに漬けて、やや甘めの酢飯で握る。ワサビの代わりにカラシを使うのが特徴。

【歴史・由来】
船の上で数日間過ごす際に、魚の鮮度を保つためにヅケにして食べていたのがルーツと伝わる。その美味しさから、現在ではヅケで食べる文化が定着した。

【食べるシーン】
入学式や運動会など親族が集まる祝いの席でふるまわれる。

【作り方】
・魚の切り身を醤油ベースのタレに漬けこむ。
・握った酢飯にカラシをつけて、ヅケにした魚の切り身をのせる。

【提供店】
八丈島の銀八やあそこ寿司、いそざきえんなど。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 東京都伊豆七島・小笠原
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP