ひながし|山形県

雛菓子

桃の節句にあらわれる、食べておいしい、飾って美しい和菓子

概要

江戸時代、北前船による京文化の影響を強く受ける鶴岡。雛菓子も京より伝わった文化のひとつで、3月3日のひな祭りに飾られる練切のことです。白あんとこしあんを木型に入れて、寒天で表面を鮮やかにととのえる。色鮮やかな和菓子は、京都の和菓子に比べ、よりリアルに形作るのが鶴岡流。桃の節句の時期には、美しさを競い合うように市内の和菓子店の店頭に並びます。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山形県庄内鶴岡
3月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP