しょうゆかつどん|福井県

醤油カツ丼

概要

福井県の“ソースカツ丼”、“ボルガライス”に続く第3のトンカツメニューとして2010年に誕生したのが“醤油カツ丼”。大野市にある老舗の醤油屋さんが開発したカツ丼専用醤油がきっかけとなって、ジワジワと広がっている新しいご当地グルメだ。
醤油カツ丼の定義は「福井県産の醤油を使用した醤油ダレを使う」「カツ(カツであれば素材を問わない)を盛ること」「たっぷりと野菜(薬味程度ではなくメインとして)を盛ること」の3つのみ。現在は福井県内の50店舗以上でメニューとして提供しており、シシ肉、白身魚、ナス、トマトなど、オリジナリティーにあふれたカツ丼が味わえる。
醤油カツ丼を愛する有志によって結成された「世界醤油カツ丼機構」では、醤油カツ丼を「SK(Soysauce Katsudon)」と略称で呼び、日々SKの普及振興に努めている。「目標は世界基準!」と意気込みも十分だ。福井県に立ち寄った際は食べてみて欲しい。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 福井県勝山・大野
別名 SK(Soysauce Katsudon)
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP