おくのとびーるにほんかいくらぶ|石川県

奥能登ビール日本海倶楽部

奥能登の緑と自然からうまれたこだわりの地ビール

概要

能登半島の先端、能登町のリゾートエリア「日本海倶楽部」で作られている地ビールです。社会福祉の一環の団体でもある日本海倶楽部の地ビール作りは、全国的に見てもユニークな取り組みが行われていて、地ビール作りを障害者就労施設の作業品目として登録しているそうです。
その地ビール作りの中心となるのは、チェコから招いた熟練のビール職人。チェコは、日本で最も一般的に飲まれているピルスナービールのルーツともいわれる場所で、その伝統を受けついだ確かな技術で、麦芽100%のビール作りを行っています。また、日本海倶楽部の地ビールは、ビール酵母をろ過せずに残したまま出荷しているので、本来はビール酵母とともに除去されていますビタミンやミネラルが豊富に入っていて健康にも良いそうです。その味は、2010年の国際ビール大賞で銀賞を受賞をするなど、世界にも認められています。
日本海倶楽部の定番ラインナップは“ヴァイツェン”、“ピルスナー”、“ダークラガー”の3種類。現地の日本海倶楽部のレストランでは、ビールのサービング係とビール職人の細かい連携から、いつでも飲み頃の生ビールが楽しめるそうです。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 石川県能登半島輪島・珠洲
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP