はってんどうのくりーむぱん|広島県

八天堂のくりーむパン

一度食べたら忘れられないふわとろ食感のクリームパン

概要

昭和8年に広島県三原市で誕生した八天堂。神戸のドイツパンの名店「フロインドリーブ」で修行した三代目店主が考案したのが八天堂のくりーむパンだ。パンとは思えない驚くほどなめらかな口どけが評判で、中にはいったクリームはもちろん、外側の生地までとろりととろける食感が味わえる。舌触りのよいカスタードに最高級の生クリームをあわせたカスタード味を筆頭に、小倉や抹茶、チョコレートなど9種の味わいを揃える。三原市港町にある本店では、くりーむパンが手作業で作られている過程が見学できる。

基本情報

ジャンル お土産
地域 広島県竹原・三原
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP