えほうまき|大阪府

恵方巻き

今や全国区!大阪発の節分の風習は江戸時代にルーツあり?!

概要

カンピョウ、伊達巻、ウナギ、キュウリなどを具材とした太巻き寿司。「恵方巻き」という名は、1990年代にコンビニエンスストアでの販売にあたって名付けられた商品名で、元々は「丸かぶり」または「巻き寿司のまるかぶり」と呼ばれていた。その年の恵方の方角に向かい“縁を切らないように” “福が逃げないように”といった願いを念じながら、一本丸々を無言で食べきるという食べ方が特徴的である。

【歴史・由来】
その歴史は、江戸時代後期に町人文化の中心であった大阪市船場の商家で、商売繁盛、無病息災、家内円満を願って食べたのが始まりなど諸説ある。

【食べるシーン】
節分

【提供店】
寿司屋

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 大阪府東大阪堺・泉南富田林・河内長野箕面・豊中・高槻大阪梅田・新大阪大阪ベイエリア心斎橋・難波・天王寺
別名 丸かぶり、巻き寿司のまるかぶり
2月
住所 大阪府大阪府_全域
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP