てづくりこんぶがし こしのしらゆき|富山県

手作り昆布菓子 越の白雪

砂糖でコーティングされた、焼き昆布が香ばしい素朴なおやつ

概要

昆布専門問屋「山三商事」による高岡昆布スイーツ。戦後、まだ限られた食材しかなかった時代から昆布は富山県民の「自然のおやつ」として親しまれてきた。その昆布にさらに手を加え、大人から子供まで食べやすい昆布菓子として考案されたのが「越の白雪」だ。シンプルな原材料も製法も一切変えることなく、現在もすべて手造りで当時からの味を守り続けている。甘味をおさえた砂糖の下から、じっくりと焼かれた香ばしい昆布の香りが広がる、富山ならではの素朴なお菓子を味わいたい。高岡昆布スイーツは、高岡食のブランド推進実行委員会により「地元の食文化でおもてなし」をテーマに誕生した。

基本情報

ジャンル お土産
地域 富山県高岡・氷見
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 公式サイト: 高岡昆布スイーツ http://www.takaoka-konbu.com/web/sweets/cat7_index.html
PAGE TOP