あんかけ|山形県

あんかけ

かつて「あん練り名人」がどの地域にもいた庄内の伝承食

概要

鶴岡で伝承される調理法のひとつ。醤油、酒、砂糖で味付けられた甘いあんは、艶やかでコシがあり、翌日でも水が出ないほど練られる。かつてはどの地域にもあんかけの達人「あん練り名人」なる者がいたという。祝事や行事など、もてなしの席で必ず振舞われ、前日には半日がかりであんを練るのが風習となっていた。あんかけの代表料理が、5月の天神祭りのときに欠かせない「サクラマスのあんかけ」。漁獲量が少なく珍重される高級魚のサクラマスを蒸して、食べる直前にあんをかける。酒田市では茹でたニラが必ず添えられるが、家庭ではゆで卵やかまぼこを添える。そのほか祝い事には、胡麻豆腐やくるみ豆腐にかけられて振舞われることも多い。また、普段の食卓でも親しまれ、うどんやそうめんにかけられ、スーパーのお惣菜コーナーにも並ぶ。夏には枝豆をつぶした茶巾に、秋には鮭やゆり根にかけるなど、季節ごとに様々な楽しまれ方をしているようだ。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山形県庄内鶴岡
別名 にら鱒のあんかけ、ごま豆腐のあんかけ
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP