こんぶもち|富山県

昆布餅

概要

年間の昆布消費量が全国一位の富山県。餅も昆布を練りこんだものが人気を集める。西日本に属する富山県だが、餅の形は東日本文化を感じる四角い形。餅をつくときに塩を加えることがあるが、塩の代わりに昆布を入れる。通常は焼いてそのまま食べ、もっぱらおやつがわりに食される。富山県民のソウルフードと言っても過言ではなく、別の県で見かけないことで気づく人も多い。

基本情報

ジャンル お土産
地域 富山県富山市周辺・八尾黒部・宇奈月高岡・氷見砺波・五箇山
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP