つるおかのぶどう|山形県

鶴岡のぶどう

概要

鶴岡市櫛引地域は山々の自然ときれいな水に恵まれている上に一日の寒暖の差が大きいことから、質の良い果樹が育つ気候のため、フルーツタウンと称されている。ぶどう栽培にも適しており、鶴岡では江戸時代からぶどう栽培がはじまった。200年以上の歴史を持ち、とくに西荒屋が名産地として知られている。デラウェア、甲州、巨峰、ピオーネなど60種類以上のブドウが栽培され、秋にはいくつもの観光果樹園でぶどう狩りが楽しめる。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山形県庄内鶴岡
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP