でごづげのけんちん|山形県

でごづげのけんちん

古漬けになったたくあんも無駄にしない先人の知恵

概要

古漬けのたくあんを油で炒めた料理。昔から鶴岡では、古漬けになったたくあんのことを「でごづげ」と呼ぶ。また、けんちんとは普茶料理の巻繊(ケンチェン)が元になった料理方法で、油で炒めた後、だし汁を加えて汁気がなくなるまでさらに炒め、醤油で仕上げる料理方法。漬物樽の底で古くなったたくあんを塩抜きして、だし汁で炒めることで立派なおかずになる、昔ながらの知恵がつまった郷土料理。かつて新たに大根を漬ける直前である冬によく食べられた。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山形県庄内鶴岡
別名 古漬たくあんのけんちん炒め
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP