うみのむこうから|福岡県

パブリックアート 海の向こうから

概要

「海の向こうから伝わってきた文明の、目の前に拡がる終着の風景。遥かな大陸。目に見えない遠いところから風が渡ってきて、この青い海が泡立つ。わたしにとっての故郷、祖先に伝わってきたこうした時の流れ。」
福岡県出身の野見山暁治先生が、幼少時代の思い出や、時の流れに想いを寄せて描いた「ふるさと」が、斬新なアートとなって博多の駅を飾っています。
2011年春に全線開通した九州新幹線の博多駅新幹線中央コンコースから「JR博多シティ」に向かうエスカレーターを登ると、目の前に広がるみずみずしい色彩のステンドグラスが目に入ります。
原画をもとにクレアーレ工房でカットされたガラスの上に筆をふるい、力強いタッチや微妙なニュアンスをガラスに定着。人々はガラスの組み合わせだけでは表現できないより深い世界に魅了されます。

設置年月:2011年3月  設置場所:JR九州新幹線博多駅 作家:野見山暁治 作品種別:ステンドグラス

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 福岡県博多・天神・太宰府
住所 福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1JR九州新幹線博多駅
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

パブリックアート 海の向こうからへのアクセス

PAGE TOP