ひーじゃさし|沖縄県

ヒージャ刺

概要

沖縄で「ヤギ」を意味するヒージャ。この肉を、捌いてすぐに刺し身として食べるのが、ヒージャ刺し。 滋養強壮の食材として古くから地元の人たちに食されており、血行をよくするなどの薬としても珍重されている。独特の香りは、皮に近いほうがより強くなるとのこと。 沖縄では結婚式やお祭などの祝いの席で食されることが多い、貴重な食材である。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 沖縄県沖縄那覇・沖縄南部恩納村・沖縄中部名護・沖縄北部久米島・慶良間諸島石垣島西表島・竹富島・小浜島宮古島
別名 ヤギの刺し身
通年
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP