むらおかはなこがくらしたまちあかげのあんすぃーつめぐり|東京都

村岡花子が暮らしたまち大森~赤毛のアン・スィーツめぐり~

朝の連続テレビ小説「花子とアン」のモデルとなった村岡花子さんが歩いた大森のまちを、当時の名残をたどりながら散策し、「赤毛のアン」にちなむスイーツのお店をたずねます。

概要

現在放映中のNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」。このドラマの主人公のモデルとなっている翻訳家・村岡花子さんは大田区大森に約50年間暮らしていました。村岡花子さんが暮らしていた、大正・昭和期の大森の名残りを訪ねながら、赤毛のアンをイメージする各種のスイーツを味わってみましょう。(「村岡花子&赤毛のアン フェスタ」参加企画)
2014年9月13日(土)13:00~ 大田文化の森(大田区中央2-10-1)エントランス集合→赤毛のアン記念館前→観音通り→佐多稲子旧宅跡→片山廣子住宅跡→善慶寺→山王会館→暗闇坂→大森ホテル跡→天祖神社・馬込文士村レリーフ→JR大森駅16:00 参加お申し込みは、NPO法人大森まちづくりカフェまで、tel&fax 03-5935-7881 E-mail:office@oomori-cafe.com

基本情報

ジャンル イベント
地域 東京都都内(23区)品川・蒲田自由が丘・二子玉川
通年
住所 東京都大田区‐
開催期間 2015.01.13 13:00~2015.12.13 16:00
このご当地情報の登録者 ぐるたび会員さん
備考 参加費1,000円(小学生500円) 資料、缶バッチ、おみやげ、保険込み

村岡花子が暮らしたまち大森~赤毛のアン・スィーツめぐり~へのアクセス

PAGE TOP