つるおかのいわのり|山形県

鶴岡の岩のり

概要

「岩のり」とは、岩場に自生する天然のりのこと。12~2月頃の寒い時期が最盛期で、岩にへばりついたのりの摘みとりから乾燥まで全て手作業で行われます。岩のりは噛みごたえと香りが特徴で、汁物との相性も良く、鶴岡では正月のお雑煮や寒鱈汁などに入れて食べます。汁物以外にも岩のりおにぎりや岩のりをアルミホイルで包んであぶるだけでもおいしく食べることができます。

基本情報

ジャンル ご当地グルメ
地域 山形県庄内鶴岡
1月 2月 12月
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -
PAGE TOP