かまくらこどう|東京都

鎌倉古道

未来に繋がる古の道

概要

今や43万都市となった町田市ですが、中心街から車で15分も離れると、まだ緑の林や農地がそこここに見られます。その昔、この辺りを歴史上有名な人々が往き交っていたと思われることをご存知ですか?源頼朝は、北関東に住む御家人が「いざ、鎌倉!」というとき、馳せ参じるための鎌倉に向かう街道を整備しました。町田市域には、現在も「鎌倉街道上の道」という古道が昔の姿のまま開発から免れ、多摩丘陵の藪の中に残っているところがあります。古の人々の念い(おもい)の詰まった古道跡を、後世に向け歴史遺産として残してほしいと願っています。
(まちだ自慢サポーター:安藤雅子さんからの投稿)

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 東京都八王子・高尾山・町田
住所 東京都町田市野津田町
このご当地情報の登録者 『まちだ自慢』サポーター事務局さん
備考 -

鎌倉古道へのアクセス

PAGE TOP