ひこねじょう|滋賀県

彦根城

概要

国宝に指定された天守のうちの一つ。別名「金亀城」。白亜三層の天守は今もなお気高い雄姿を誇り、城内には国宝の天守のほか、天秤櫓や太鼓門櫓など重要文化財が現存し、桜、新緑、紅葉、雪景色など四季折々の情緒を感じさせる。井伊直政の子直継・直孝が慶長9年(1604)築城に着手、7ケ国12大名の手伝い普請で20年の歳月をかけて完成。以後、井伊氏歴代の居城となった。幸い取り壊しを免れたため、三層三重の天守をはじめ多くの遺構を今に残している。堀には琵琶湖の水を巧みに利用し、井伊家で舟遊びなどに使われていた。平山城。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 滋賀県彦根・近江八幡
住所 滋賀県彦根市金亀町1-1
電話番号 【所在地】TEL:0749-22-2742 ; FAX:0749-22-2905 / 【問合せ】TEL:0749-22-2742 ; FAX:0749-22-2905 ; URL:http://www.city.hikone.shiga.jp
営業時間 公開:8:30~17:00
付帯設備 【バリアフリー設備】盲導犬の受け入れ(○) / 【その他】史跡 *天守(国宝) 天秤櫓(重文) 西の丸三重櫓(重文) 太鼓門櫓(重文) 二の丸佐和口多聞櫓(重文) 馬屋(重文);売店(4);梅園 *梅林
定休日 休業:無休
料金 【大人】600円 / 【小学生】200円 / 【備考】 *30名以上、100名以上、300名以上でそれぞれ割引あり彦根城博物館とのセット券あり 大人1,000円、小中学生300円
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【建築年】1604~1622

彦根城へのアクセス

彦根駅から徒歩で10分

PAGE TOP