ひょうずじんじゃ(たいしゃ)ていえん|滋賀県

兵主神社(大社)庭園

概要

兵主神社拝殿の左奥にある庭園です。この庭園は、神社がこの地に移転してくる以前からあったと考えられており、もともと神社の庭としてではなく、鎌倉時代のこの地の豪族、播磨守資頼(はりまのかみすけより)邸の庭園だったといわれています。 庭園は、大規模な地泉廻遊式庭園(ちせんかいゆうしきていえん)で、池に中の島を浮かべて出島を作り、護岸(ごがん)の石組みや築山の三尊(さんぞう)石組みなど、造園の妙が感じられる美しさがあり、深い趣があります。また、この池をめぐる小道は、一面苔がむした間を縫って作られており、京都の西芳寺(苔寺)を思わせるようなしっとりとした雰囲気があります。池汀の曲線の様子などに遺構がよく残っており、平安時代後期の作といわれています。国指定の名勝であり、毎年、紅葉時期にはライトアップが行われます。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 滋賀県彦根・近江八幡
住所 滋賀県野洲市五条566
電話番号 【問合せ】TEL:077-589-2072 ; FAX:077-589-2092 ; URL:http://homepage3.nifty.com/ohmifuji/top/framepage.htm / 【予約先】TEL:077-589-2072
営業時間 公開:9:00~17:00 庭園公開には期間があるので、要確認。
定休日 休業:年中無休
料金 【大人】500円 / 【備考】 *中学生以下無料(個人) / 【その他】300円 *団体(5名以上)
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【築庭年代】平安時代

兵主神社(大社)庭園へのアクセス

野洲駅からバスで20分 → 「兵主大社前」下車大社前」下車から徒歩で5分

PAGE TOP