あづちじょうあと|滋賀県

安土城跡

概要

標高約200mの安土山山上にあり、400年を経た今も石垣や礎石が往時をしのばせてくれる。安土城は、織田信長が、天正4年(1576年)から3年有余をかけ完成した五層七重の、わが国最初の天主閣を有する城。本能寺の変で信長が倒れたのち、城下町とともに焼き払われ、天下の名城をわずか3年にして灰燼と化した。当時、四方を琵琶湖と沼で囲まれていたが、今は大中の湖干拓地として田園が広がり、そう見寺跡から見る西の湖が美しく、わずかに二の丸跡の信長墓所や、秀吉、前田利家などの屋敷跡が戦国の世を語り伝えている。◎織田信長(1534年~82年)尾張に生れたが、永禄10年岐阜城主となり、10年東奔西走して安土に移る。井の口を岐阜と改称した。本能寺の変に討死。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 滋賀県彦根・近江八幡
住所 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦
電話番号 【問合せ】TEL:0748-46-4234 ; FAX:0748-46-4234
営業時間 見学時間:9:00~16:00 終了時間は季節により変動あり
料金 【大人】500円 / 【その他】100円 *小人
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 【時代】安土桃山

安土城跡へのアクセス

安土駅から徒歩で25分 *ふもとまで
安土駅から車で15分 *ふもとまで

PAGE TOP