にじょうじょう|京都府

二条城

江戸時代の始まりと終わりの場所、歴史的価値が高い国の史跡

概要

慶長八年(1603年)、徳川家康によって創建された二条城。幕末には徳川慶喜によって大政奉還が発表され、江戸時代の始まりと終わりの舞台として知られている。後に京都府の府庁や天皇家の離宮として使用され、昭和14年(1939年)京都市に下賜された。創建時の姿を今に伝える二の丸御殿は6棟が国宝に指定され、その他22棟と御殿内にある1016面の障壁画が国の重要文化財に指定されている。広大な敷地内には二の丸庭園、本丸庭園などの美しい庭園が広がり、二の丸庭園は国の特別名勝に指定されている。1994年、その歴史的な価値が認められ、ユネスコの世界文化遺産に登録された。

基本情報

ジャンル 名所・観光スポット
地域 京都府京都京都駅・河原町
別名 元離宮二条城
住所 京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
電話番号 075-841-0096
HP http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/nijojo/
問い合わせ先 TEL: 075-841-0096 FAX: 075-802-6181
営業時間 【開城時間】8:45~17:00(最終入城16:00)
定休日 【休城日】12月26日~1月4日、12月・1月・7月・8月の火曜(休日の場合はその翌日)
料金 一般 600円 中高校生 350円 小学生 200円
このご当地情報の登録者 ぐるたび事務局
備考 -

二条城へのアクセス

PAGE TOP